月イチの投与でOK|最強のフィラリア予防薬!ストロングハートプラスの紹介

月イチの投与でOK

コップとカプセル

「ストロングハートプラスはイヌやネコのフィラリア予防薬」と聞くと、「どういう頻度であげればいいのか」ということが気になると思います。
病気の予防薬というからには毎日飲ませなければいけないのかしら……?(それは少し面倒だな)という人も多いでしょう。
しかしそのような人も、心配は無用です。フィラリア症の予防のためにストロングハートプラスを使う場合は、月に1回の投与でOKだからです。
毎月1回ずつあげるだけで、その期間はずーっとペットの健康を守ることができます。イベルメクチンは1ヶ月の間、イヌやネコの体内にあってミクロフィラリアが侵入して来てもきちんとブロックしてくれるわけです。
しかも、フィラリア予防のためにストロングハートプラスを使うのであれば、1年12ヶ月、つまり12個のストロングハートプラスが必要である……というわけではありません。多くても6〜7個のストロングハートプラスでOKということになっています。というのもフィラリア症という病気は「蚊によって運ばれてくる伝染病」であり、蚊が飛んでいる季節だけ月イチの頻度で1個ずつ投与していれば予防が完了するからです。
蚊が飛んでいる季節というと大体7〜8月あたりを想像するかと思いますが、実は5月あたりから10月、あるいは11月にも飛んでいる場合があります。
というわけで合計して6〜7ヶ月分、つまり6〜7個必要であるというわけなのです。特に最近は暑い季節が長くなっているので、より長い期間の投与を考えておいた方がいいといえるでしょう。